月別アーカイブ: 5月 2012

雄猫の再発する尿閉の最終手段は会陰尿道瘻形成術(尿道拡張術)

     オス猫の尿道は先端部が非常に細くなっていますので、尿中に結晶や砂粒状の結石などが存在すると、それがすぐに詰まってしまいます。他院にて尿閉が何度か再発し、尿道カテーテルが入らなくなってしまった猫さんが来院しました。膀胱には尿が充満しており、できるだけ早く排尿させてあげなくてはなりませんでしたので、まずは膀胱に針を刺入して、ポンプで吸引し、尿毒症にならないように処置をし、点滴を開始、その後オスのペニスの尿道を切り開いて広げる手術をしました。基本的に大切なことは結石ができないように予防するための、処方食を食べさせることです。 写真は術後の状況でペニスは無くなり、6フレンチのカテーテルが余裕で入るくらいの、太い尿道になっていますので、今後尿道が閉塞することはほとんどありません。  

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

トイプードルの4本の中指骨骨折修復術

     この写真は3歳のトイプードル(体重3㎏)の4本の中指骨骨折のレントゲン写真。抱いていた位置から飛び降りた時に骨折した。      上の写真は1.5mmのピンを使った修復術後のレントゲン。        

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

犬の腎癌

     左の写真は開腹時のもので、腫瘍が十二指腸や腸間膜や大網に癒着している。右は腫瘤を摘出したもので、腫瘤の左上の丸みを帯びたところが、正常な腎臓組織の一部で他は全て腫瘍化したものです。犬の腎癌の発生はごく稀で、10万頭に1.5%の割合という報告があります。転移性の高い悪性腫瘍とされています。    

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

犬の睾丸の腫瘍(セルトリー細胞腫)

        左の写真は開腹した時のもので精巣の巨大腫瘤が 捻転していた。右の写真はそれを摘出して、反体側の萎縮した精巣と対比させて示している。病理組織検査の結果はセルトリー細胞腫と萎縮精巣内の精上皮腫。 停滞精巣(陰睾)の犬では正常な犬と比較して腫瘍の発生頻度が約10倍高いと言われています。若いうちに去勢手術をしておくことが、とても大切なことがお分かりいただけましたでしょうか。  

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

肛門横にできた巨大腫瘍(肛門周囲腺腫)

  上の写真は数ヶ月前からかなり大きくなってきたという肛門周囲の巨大腫瘍。これだけ大きな腫瘤でも病理組織検査の結果、良性の腫瘍である肛門周囲腺腫でした。   左写真はその巨大腫瘤を大きく切除した後の様子。かなり欠損部が大きくなり、肛門の機能が心配されたが、結果的にはほとんど排便機能等に問題がなかった。写真中央は腫瘤切除後、皮膚移植(皮膚弁の応用により縫合)終了後の尾側方向からの所見、右の写真は左外側からの所見。     

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。