日別アーカイブ: 2012年9月16日

若猫の大腿骨複雑骨折の手術

    5ヶ月の子猫が交通事故に遭い、大腿骨近位の複雑骨折となった。(上のレントゲン写真で大腿骨が4つに分離し骨折している)       左の写真が骨折部分に金属プレートを当ててサイズの調整をしているところ。右の写真は骨折手術から1ヶ月半のレントゲン写真ですが、既にネジが2ヶ所浮いているが、骨は以前より太くなって完全に癒合している。そのため本日プレートと螺子およびピンも取り除いた。 この猫さんはこれから里親に出すところだったノラ猫さんでしたが、結局当院で引き取って、うちの猫になることになりました。  

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

6歳のゴールデンレトリーバーの術前検査

   上は胃のクローズアップレントゲン写真ですが、胃の中央に円形の異物が見られる。        胃切開をしている写真ですが、胃の内部に黒っぽい円形の異物が顔を見せている。      これが摘出した6cm大の円形のボール、中身は充実性がある。 歯科処置と避妊手術をする予定で術前検査をしたゴールデンレトリーバーのレントゲン写真で、異物が見つかり、急遽、胃切開による異物摘出を同時に行なった症例ですが、飼い主の方はいつどこで飲み込んだのか分からないとのこと。しかも何の症状も無かったということです。この犬種は異物の誤飲が多い犬種ですが、術前の健康チェックで発覚した訳ですから、いかに術前検査の中にレントゲン検査を含めた検査が必要かが、この例でお分かりかと思います。      

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。