月別アーカイブ: 12月 2014

高齢犬の肢端部の腫瘍2例

1例目はシュナウザーの前肢肢端が1週間位で急に増大したというもの。2例目はフラットコーテッド・レトリーバーの後肢肢端に感染症があり、抗生剤である程度治癒していたが、最近になって増大してきたと言うもの。1例目は爪周囲の悪性黒色肉腫(メラノーマ)で指の付け根から切断して腫瘍を切除。2例目はやはり爪周囲の細菌感染から二次的に起きたと思われる扁平上皮癌。  

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

皮下の異物による慢性化膿性炎症

高齢のビーグルが1ヶ月以上に渡って、皮膚炎があると言うことで来院した。実際は毛で隠れていて分かりづらかったが、痂皮が数ヶ所ありその下は硬いしこりになっていた。血様の漿液が漏れているところもあり、慢性炎症の病巣だった。経過が長いため、手術による病変部の摘出をすることになり、硬結している部分全体を摘出したところ、病巣内中央に硬い異物が存在した。この異物は1cm5mm位の骨片のようなもので非常に硬いものだった。大きなしこりになった原因は異物が皮膚に刺さったことによる慢性の細菌感染による炎症が原因だった。                                                              

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。