月別アーカイブ: 1月 2015

ゴールデンレトリーバーの踵(かかと)にできた皮膚付属器母班と組織球性肉腫

8歳半のゴールデンレトリーバーの右後肢の踵に以前からタコの様なものがあって、次第に大きくなってきていたが、その横に今まであったものより早期に増大してきたできものがある。大きい方の腫瘤の細胞診をしたところ、非上皮系の悪性の腫瘍を疑わせる細胞群が存在したため、切除することになった。病変部は踵の上に存在し、皮膚の余裕が無いところだったが、何とか1.5cmのマージンがとれた。 切除後の病理検査では扁平な小さめの腫瘤は皮膚付属器母班で、それに隣接したより大き目の隆起した右の腫瘤は組織球性肉腫であった。後者は悪性度の高い腫瘍なので予後は要注意。今後近接する膝下リンパ節やその他の臓器などへの転移もありうるため、定期的なチェック(詳細な身体検査や血液検査・画像診断)が必要だ。          

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

ウェルシュコーギーの喉の皮下の毛芽腫(基底細胞腫)

12歳のウェルシュコーギーの喉にたるんだ皮膚の中に腫瘤を触知、飼い主の方が心配になって来院。細胞診をしたところ、針生検で採取したにしては細胞が多く取れていたことと上皮系の腫瘍細胞に見えたため、切除バイオプシーに進んだ方が良いことを伝え、外科的切除をすることになった。 病理組織検査結果は毛芽腫(以前基底細胞腫と呼ばれていた)という良性腫瘍。完全切除のため、再発の危険はほとんど無いという所見が記載してあった。 写真は術前・術後と摘出した腫瘤の割面              

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

雑種犬の腹側部の時間の経過した慢性化膿創

中年の雑種犬が多頭飼育だった為、気づくのが遅くなって化膿壊死した大き目の慢性化膿創。傷の深部まで硬結しており、周囲の筋肉にまで炎症が進んでいた為、変性を起こしていた筋肉や皮下織を全て切除した。切除後は大きな欠損部になったが、4箇所の減張縫合を施し、筋肉と皮下織を寄せてから、それぞれを縫合結紮した。        

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

犬歯の折歯の修復

ラブラドールレトリーバーが犬舎の金属製の扉を咬んで、犬歯を折ってしまった。歯髄が露出しているが、まだ新鮮な生活歯髄なのですぐに歯冠を歯科セメントで埋めてあげることでしばらく普通の機能を維持できるので、歯科処置をした。                  

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

ゴールデンレトリーバーの異所性尿管による尿失禁

7ヶ月齢の雌のラブラドールレトリーバーが仔犬の時から尿を漏らしていたということで精密検査をご希望された。そのためルーチンの血液検査と尿検査および血管造影剤によるX線造影検査を実施した。血液検査結果はほとんど異常が無かった。尿検査ではやや潜血反応があったくらいで、そのほかは異常が無かった。X線検査による尿路造影を見てみると右側の尿管は膀胱三角部に開口しているが、左側の尿管は膀胱壁と平行に走行し、尿道の中間の辺りまで並行しているのが分かった。つまり左側の異所性尿管があったため、腎臓から出ている尿管が膀胱を素通りし尿道に開口し、常に尿を漏らす結果になっていた。この後は大学病院の泌尿器外科の専門医に尿管を膀胱に置換する手術をしてもらうことになる。  

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。