月別アーカイブ: 11月 2016

犬の爪下上皮の角化棘細胞腫

15歳のミニチュアダックスが後肢の跛行で来院。第3指全体と爪床部の腫大があり、X線検査をしたところ、爪床と指骨遠位の骨融解像が見られた。このままでは悪化し、歩けなくなるだけでなく、悪性腫瘍であれば肺やその他の臓器に転移し、寿命が著しく短くなる。このことを飼い主様にご説明させていただいたところ、手術により腫瘤ごと断指することになった。切除した腫瘤の病理組織検査結果は角化棘細胞腫だった。これは良性の腫瘍に分類されるため、予後は良好である。写真は術前術後とレントゲン写真。                

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。