ゴールデンレトリーバーの皮膚形質細胞腫

高齢のG・レトリーバーの指間の皮膚腫瘤が1か月くらいで大きくなってきたという主訴で来院。細胞診をしたところ円形の独立した腫瘍細胞が多く見られた。一見、組織球種のような円形の細胞で核も円形であったが、よく見ると細胞が楕円形のものが多く核のクロマチン結節の構造がリンパ球のようにも見えるものが多かった。また核の悪性所見は少なく、核分裂像もほとんどないので、悪性の腫瘍ではなさそうだった。指間部ということで拡大手術はできないため、最小限の摘出手術になった。病理組織検査の結果は皮膚形質細胞腫だった。皮膚形質細胞腫は髄外性形質細胞の一つで通常は良性だが、他に例えば孤立性骨形質細胞腫のようなものがあってそれが皮膚にできたりということもあるので、要注意ではある。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。