フェレットの異物による腸閉塞

若いフェレットが食欲廃絶、嘔吐、元気消失で来院、触診で何か小腸に触れる異物らしいものが物が存在するが、X線検査とエコー検査で確定診断は下せなかったが、静脈輸液による点滴で治療後、手術に踏み切った。開腹により空腸付近に異物を確認、小腸切開により異物を摘出、異物は飼い主も分からなかったが、スポンジの固くなったようなものなので、ビーチサンダルの一部のような固さのものだった。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。