健康診断で発見されたチワワの腎細胞癌

7歳のチワワが健康診断で来院されたが、一般状態は良好で、何の症状も見られなかった。シニア犬の一通りの身体検査で、まず腹部触診で腹腔内にマスが触知できた。また血液検査とレントゲン検査で左腎が大きく腫大していることが分かり、エコー検査では腫大した腎臓の内部(皮質と髄質)の構造の変化や腎血管の増加等が見られた。さらに針生検の細胞診では悪性と思われる上皮系腫瘍細胞が多く見られた。飼い主様と相談の結果、腫瘍化した左腎の摘出手術を数日間の点滴等の治療の後実施することになった。術前には周囲組織の癒着や血管を巻き込んでいないかなどのチェックのためCT検査も行った。病理組織検査の結果は腎細胞癌で、核の異型性や核分裂像も多く見られたとのことで、今後の再発や転移に厳重な経過観察が必要である。下の写真は分かりやすい画像なので腹部のX線像と腎臓のCT画像を示す。

 

 

 

上の写真は術中及び摘出した腎蔵(腎細胞癌)

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。