9歳の純粋種大型犬の脾臓に認められた巨大腫瘤(4㎏)

他院にて9歳の大型犬の脾臓に腫瘍があるので早めの手術を勧められて、セカンドオピニオンで来院した。脾臓に巨大な腫瘤が存在する場合、一般的に悪性の脾臓の「がん」はここまで大きくなる前に破裂したり、転移病巣が存在したり、副腫瘍症候群があったりするが、精査したところ、他の転移や悪い症状はほとんどなかった。その為腫瘍ではない可能性が高い。実際、脾臓全摘出手術をおこなって、病理組織検査を行った結果は、脾臓の過形成性結節で、腫瘍ではなかった。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。