犬の会陰ヘルニア整復

肛門の横が腫れているとの主訴で、12歳のトイプードル(未去勢雄)が来院された。

身体検査にて左右両側の会陰ヘルニアを認めた。

レントゲン検査では直腸や膀胱などの臓器の逸脱は認められなかった。

 

※ヘルニアとは、体内の臓器などが、本来あるべき部位から「脱出・突出」した状態

 

 

ヘルニア内容は脂肪組織であった。

直腸を支持する筋肉群の萎縮が進行していたが、ヘルニア孔の閉鎖は自己筋組織をもちいておこなった。同時に去勢手術も実施した。

 

 

 

会陰ヘルニアは中~高齢で未去勢の小型犬、または中型犬に多く発生する。

 

直腸を支持する筋肉群が萎縮、または筋膜間の結合の分離によりヘルニア孔(輪)が発生し、骨盤腔内・腹腔内の組織や臓器が会陰部の皮下に脱出する。

 

治療には外科的な整復術が必要な疾患である。

 

整復法の術式は症例によってさまざまで、内閉鎖筋フラップ、半腱様筋フラップ、仙結節靭帯、総鞘膜、ポリプロピレンメッシュなどをもちいて整復をおこなう。

 

会陰ヘルニアの主な発生要因は、アンドロゲンまたはテストステロンであることが示唆されているため、若齢期に去勢手術を実施することで、会陰ヘルニアを予防または再発を予防することができる。

 

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。