犬の腹腔内陰睾

     

陰嚢内に2つあるべき睾丸が1つしかない片睾丸(上の写真)または1つもなく、腹腔内に睾丸が滞留しているものを腹腔内陰睾(腹腔外で皮下にあるものを停留睾丸)と言います。どちらもそのままにしておくと、中年過ぎになって陰睾になっている睾丸が腫瘍化する確立が非常に高くなります。そのためできるだけ早期のうちに去勢手術をしておくべきでしょう。

 

 
  

左の写真は腹腔内の睾丸を摘出しているところ。右の写真は左が正常な陰嚢内の睾丸、右が腹腔内の睾丸で、こちらの方が異常に萎縮しています。そのため睾丸の機能は低下しており、交配には向きません。 

 
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。