JAHA国際セミナー「インターベンショナル・ラジオロジー」に出席(院長)

1月23日から3日間、JAHA国際セミナー「インターベンショナル・ラジオロジー」が開催され、それに出席してきた。下部尿路(ステント設置術や尿路バイパス術)や気管ステント術、鼻咽頭ステント設置術、消化管ステント設置術、門脈体循環シャント治療、動静脈瘻・動静脈奇形の血管内手技等の各種インターベンション手技について、器具の説明から使用方法やコツ・注意点などを動画を交えての講義だった。実際に当院で実施しているものもあったが、今後実施してみたい手技もいくつかあり、とても興味深い内容だった。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。