JAHA国際セミナー『一歩先行く麻酔と疼痛管理』に出席(安獣医師)

2月23日より二日間、JAHA国際セミナー 『一歩先行く麻酔と疼痛管理』 が開催され、それに出席してきた。                                                    会場は2日間とも満員であったが、両日とも最前列で受講ができ、また講師に直接質問できる機会にも恵まれた。                                                麻酔管理に関しては、軟部外科をはじめ、高齢動物の管理、後天性心疾患の麻酔法などを基礎から応用まで学ぶことができた。                                           『問題を生じるのを待つのではなく、生じる前提で観察・準備をしておく』、という浅川講師の姿勢は常に見習いたい。                                               疼痛管理に関しては、近年の動物の高齢化に伴い生ずる、がん性疼痛や慢性の関節炎などに対し、より良い生活を過ごすための適切なケアの選択肢を多数学ぶことができた。        当院では、麻酔管理も痛みの管理(日常のペインコントロール)も、ペットその子その子に合わせた『オーダーメイド医療』を実施している。                      今後も当院の専門性の高い獣医師、優しい動物看護士さん達と連携をとりあい、様々な疾患に対応できるよう努力いたします。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。