新堀ギターフィルハーモニーオーケストラ公演2018

「日本の心を愛しむコンサート」と題された新堀ギターフィルハーモニーオーケストラ公演に出席してきた。演奏された曲は全てメイドインジャパンで、しかも世界各地でスタンディングオベーションを頂いたレパートリーがほとんどと言うだけあって、単なるギター演奏ではない、特殊な技法による信じられないような素晴らしい音まで聴くことができた。すべての曲がそれぞれ魅力ある演奏として楽しませて頂いた。最後に新堀寛己音楽総監督&指揮によるディベルティメントとワルツによるピアノコンチェルト「ミル」が演奏された。このタイトル「ミル」は新堀先生のお嬢様と愛犬「ミル」(ミニチュアシュナウザー)の跳ねたり小回りする可愛らしい仕草が、時を超えてこの曲に共鳴して、「ミル」というタイトルにしてしまったという事です。ミルちゃんは晩年になるまで当院によく通われていたワンちゃんで、とても大切にされて、愛情深く育てられていました。曲にミルというタイトルを付けられたというお気持ちが私には良く分かりました。この曲を聞けただけでもとても嬉しかったですし、とても良い思い出になりました。新堀先生ありがとうございました。(院長)

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。