滝沢崇副院長が日本獣医循環器学会の認定試験に合格

滝沢崇獣医師が本年度の日本獣医循環器学会の認定医を取得しました。この学会の認定を取得するには5年以上の臨床経験が必要で、43講座の認定医講習を受け、地方開催の講習会にも参加し、学会発表や学会参加点数も必要です。更に大学病院や2次診療施設の診察にも参加する必要があるため、滝沢獣医師は大学の研究生をしたりして研鑽してやっと受験資格が得られ、試験に合格したという事です。またこの資格の維持が大変で、学会や講習会の座長をしたり、発表や論文投稿をする必要もあるという事です。今後は益々充実した専門医として皆様のワンちゃんネコちゃんの健康と幸せのために努力する決意を新たにしております。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。