投稿者「葉山どうぶつ病院」のアーカイブ

この時期に多いトウモロコシの芯の誤飲

体重10㎏に満たない若齢犬がトウモロコシの芯を飲み込んでしまい、催吐処置や内視鏡の異物鉗子(バスケット鉗子)などで摘出することは難しいサイズだったため、胃切開手術となった。                         … 続きを読む

犬の皮膚に発生した毛包漏斗部角化棘細胞腫

腫瘤が尾部の皮膚に出来て数か月で直径1㎝ほどに増大してきたため、切除生検をした結果、病理組織検査で毛包漏斗部角化棘細胞腫という結果が出た。別名、皮内角化上皮種と言って、よく見られる良性腫瘍だが、このように大きく角化物が堆 … 続きを読む

猫の毛玉による食道内閉塞

呼吸が苦しそう、よだれが止まらないという主訴で8歳の猫ちゃんが来院されました。来院時は開口呼吸をしていたためにまずは呼吸を安定化させる目的で酸素室にて高濃度の酸素吸入を行いました。しかし、酸素化をしても呼吸は落ち着かない … 続きを読む

犬の閉塞性子宮蓄膿症

子宮内に多量の膿が貯留してしまった状態が子宮蓄膿症です。多くの場合、陰部からの排膿がみられるために飼い主様が気づいて病院に来院されます。しかし、陰部からの排膿が無いとまさか子宮に膿がたまっているとは思わないでしょう。 & … 続きを読む

18歳の猫の後肢(腓骨・脛骨)の骨折整復手術(Dr.長澤)

18歳の日本猫が原因が分からないが、帰宅したら後ろ足がおかしくなって立てない状況だった。病院で検査した結果脛骨と腓骨の完全骨折だった。軽度の慢性腎不全があり、骨密度は低く皮質骨も菲薄な為、軽い外傷でも骨折する可能性はあっ … 続きを読む

手袋の誤食

ガーデニング用のゴム手袋を誤食してしまったとの主訴で5ヶ月のゴールデン・レトリーバーが来院されました。誤食してからそれほど時間が経過していなかったため、催吐処置(薬剤を投与して吐かせる処置)を行いましたが、ゴム手袋は吐出 … 続きを読む

異物の迷入(竹串)による膿瘍

夜中に高齢のウェルシュコーギー焼き鳥の竹串を飲んだかもしれないと、動物夜間救急病院に行ってレントゲンと内視鏡検査をしてもらったが、上部消化管には何も見当たらなかった。しかも、自宅に竹串が有ったようだという報告があった。し … 続きを読む

異物混入(雑草の種子)による膿瘍

【異物混入による膿瘍】 首にできものがあるとの主訴で9歳のスタンダード・プードルが来院されました。 できものは肉芽様組織であり一部膿瘍となっていました。細胞診検査では細菌感染が見られたため追加検査として細菌培養検査を行い … 続きを読む

尿管結石による尿管閉塞が起因した膿腎症を伴った猫に左腎臓及び尿管全摘手術を実施した1症例

FIV陽性の猫が元気、食欲無し、嘔吐を伴って来院。T40.5℃の高熱、好中球の左方移動と単球増多を伴う白血球増多、X線検査で左側尿管に2つの尿管結石、エコー検査にて水腎症・尿管の拡張と2か所の尿管結石を確認。静脈輸液及び … 続きを読む

腸管穿孔による腹膜炎と小腸の多巣性、化膿性肉芽腫性腸炎を伴ったフェレット

元気消失・食欲不振・嘔吐・下痢が続き、対症療法や輸液で治療してもあまり改善がみられず、エコー検査で小腸内で流動物の停滞が認められた為、探査的開腹手術を実施。すると小腸の一部に穿孔があり、対側の小腸壁がその部分に癒着してい … 続きを読む