投稿者「葉山どうぶつ病院」のアーカイブ

犬の前十字靭帯断裂(TPLOによる修復手術)

  『前十字靭帯』は膝関節の中にある靭帯のひとつで、膝関節の過度な伸展を防止し、脛骨の前方への動揺と過度な内旋を制御している。 そのため、膝に過剰な力がかかったときに断裂してしまうことがある。   犬 … 続きを読む

ネコの腟脱

5才のネコ(バーマン)が自宅にて4頭の子猫を出産し、その後さらに力んで膣が脱出してきたとのことで来院された。 来院された際は、7〜8cmの長さで膣が脱出しており粘膜からの出血、血行不良のため黒ずんだ部位も見られた。また、 … 続きを読む

パグ犬の軟口蓋過長症の手術

パグやフレンチブルドッグといった短頭種のワンちゃんに起きやすい『短頭種気道症候群』という呼吸がとても苦しくなってしまう病気があります。   短頭種は鼻孔・鼻腔・咽頭がせまく、また軟口蓋という口腔内の天井部(硬口 … 続きを読む

犬の中手骨骨折整復

15歳の小型ミックス犬が、ドアに左前足をはさんでしまった、とのことで来院された。   来院時には左前肢の完全挙上がみられらた。   レントゲン検査では、左前肢の第2,3,4,5中手骨の骨折を確認した … 続きを読む

犬の会陰ヘルニア整復

肛門の横が腫れているとの主訴で、12歳のトイプードル(未去勢雄)が来院された。 身体検査にて左右両側の会陰ヘルニアを認めた。 レントゲン検査では直腸や膀胱などの臓器の逸脱は認められなかった。   ※ヘルニアとは … 続きを読む

猫の口腔内の扁平上皮癌

左側の口が腫れている、という主訴で13歳のネコが来院された。 口腔内の左側上顎歯肉に腫脹病変部位を認め、その一部は感染により排膿・壊死をおこしていた。     麻酔前スクリーニング検査を実施後、全身麻 … 続きを読む

イヌの免疫介在性溶血性貧血(IMHA)

数日前から元気が無く、食事を食べる勢いも無いとの主訴で15歳のイヌが来院された。身体検査では体温が39.5 ℃と発熱しており口腔粘膜は蒼白であった。血液検査ではヘマトクリット値は17.2 %で重度に貧血しており、CRPは … 続きを読む

犬の小腸腺癌による腸閉塞(外科治療)

  12歳の柴犬(避妊雌)が昨日からの食欲廃絶、嘔吐を主訴に来院された。 血液検査ではCRPの軽度上昇(2.5mg/dl)がみられたが、その他の項目はSpec-cPLを含めて正常であった 腹部エコー検査にて小腸 … 続きを読む

イヌのアジソン病(副腎皮質機能低下症)

4歳のトイ・プードルが午後外来の最後の時間に『食欲がない』との主訴で来院された。1ヶ月前と比べると体重が600 g減少していた。身体検査では脱水しており、レントゲン検査では心陰影が縮小していた。血液検査ではリンパ球増多、 … 続きを読む

犬の赤血球増加症

1か月前より興奮すると酸欠状態になる、疲れやすいことを主訴に他院を受診され、血液が濃いこと(多血)を指摘されて瀉血処置を実施していた11歳の犬がセカンドオピニオンで来院した。   当院でのスクリーニング検査にお … 続きを読む