月別アーカイブ: 6月 2012

肝不全により凝固障害をおこし、失血性の貧血をおこした犬

     数年間に亘る慢性肝炎の治療をしていた犬が凝固系の異常をおこし、重度の歯槽膿漏による動揺歯から、大量の出血をして重度の貧血をおこした。その結果ビタミンK1や止血剤の投与、局所の血管収縮剤等で処置し、急遽、輸血を実施した。輸血は緊急を要したため、私の愛犬ローリー(ラブラドール・レトリーバー)から供血し、クロスマッチテストでOKとなり、200ccの輸血となった。翌日には出血が止まり、血色も良くなり貧血が改善。元気も食欲も出てきたため、夕方には退院の運びとなった。 慢性の進行した肝疾患では、時折、血液凝固系が異常になり、出血傾向が強くなることがあります。重度になる程、頻繁な定期検査と血液凝固系の検査もしておく必要があります。  

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

重度の黄疸を伴った劇性肝炎

        黄疸の進行した典型的な症状(上の写真)は皮膚の露出しているところは全て黄色くなっている。またあらゆる可視粘膜(口腔粘膜・歯肉・結膜など) も黄色くなる。尿の色も黄色からオレンジ色を呈する。肝炎の症状は元気・食欲廃絶、嘔吐、多飲多尿、軟便などですが、進行した状態でない限り、あまりはっきりした症状がありません。ただ感染性の肝炎であれば発熱があるかもしれません。この子は胆管閉塞を伴った重度の胆管肝炎でしたので、肝酵素のALTやAST、ALPは正常値より一桁多い高値になっていました。肝臓の病気は”沈黙の臓器”といわれているように、よほど進行してこないと症状がでません。そのため定期的な健康診断をしておけば、このようになる前に病気が早めに発見できて、早めの対処ができたと思います。  

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

ストラバイト尿石の処方食を与えていた猫に膀胱結石

    数年前に膀胱炎になり、抗生物質で改善しましたが、ストラバイト(リン酸アンモニウムマグネシウム)の結晶が多かったので、それ以来ストラバイトの予防の処方食を与えていました。ところが最近血尿が出るようになり、来院しました。左の写真は膀胱内に小さな結石が5~6個存在しているレントゲン写真です。右は膀胱内から摘出した結石です。これは蓚酸カルシウムという成分の結石でした。膀胱炎の治療をしていても血尿が治らないということで来院し、レントゲンと超音波検査をして膀胱結石があることが分かりました。ストラバイト尿石の処方食を与えていても、蓚酸カルシウムなど他の結石が形成されることがありますので、定期的な尿検査をお奨めいたします。      

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

外耳炎として長期治療を受けていた中耳炎の犬

     外耳の汚れと毛を取った後、麻酔下で外耳道を観察した写真        左の写真は上の写真の毛と耳垢を特殊な鉗子でつまみ出しているところ。中央の写真は処置後。右の写真は中耳の中を洗浄と吸引の処置をしている。できるだけ外耳道や中耳をきれいにしてから、外耳薬と内服薬を使って治療しないと汚れたままではいつまでたっても改善しません。  

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

耳道内の異物(草の種)

    耳の中の異物には自分の体毛が入っていることが最も多いようですが 、このような草の種や芒(のぎ)のようなものが、入っていることがあります。(左の写真は耳道内に草の種が鼓膜に刺さるように奥に入り込んでいる)モニター画面で見ながら特殊な異物鉗子で掴み簡単に摘出できます(右の写真)。症状は突然、頭(耳)を振り出したというパターンが一番多く、頭を傾けたり、足で耳を掻くような動作をすることもあります。予防法は山深くや草むらに入らないことでしょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。