専門診療 手術をご希望の方へ
ホーム>診療科目・手術>当院で手術をご希望の方へ
  • シニア科
  • 循環器科
  • 腎臓科
  • 皮膚科
  • 腫瘍科
  • 整形外科
  • 東洋獣医学と自然療法
  • 一般内科
  • 当院で手術をご希望の方へ
手術専用サイト

当院で行っている手術について、専用のホームページをご用意しております。
詳しくはコチラもご覧ください。  アニマル手術NAVI

実績に基づいた手術を

当院では、整形外科、軟部外科、神経疾患、一部循環器系の手術・胸腔外科・眼科手術・口腔外科・形成外科・皮膚移植手術など年間1200頭以上の手術・処置を実施している実績があります。

動物に「痛み」の少ない方法を

痛みを感じている動物はストレス下にあり、あまり食事をしないことによりエネルギー消費量が利用可能なエネルギーを上回ります。つまり、痛みを無くしてあげることで、傷や病気の回復が早くなるのです。 当院では15年以上前から手術前と手術中、術後に鎮痛剤を投与することで、「痛みのコントロール」を行っております。

動物に「痛み」の少ない方法を


1. 血管シーリングシステムやアルゴンプラズマ凝固装置付高周波電気メスの使用
不妊手術や去勢手術はもちろん、血管の多い臓器や腫瘍の切除の手術時間が通常の半分の時間で終わるため、麻酔時間が半減することで、麻酔リスクが激減します。さらに近年増加している縫合糸の結紮で起こる縫合糸反応性炎症もおこりません。

2. 腹腔鏡による手術
手術創がわずか1cmほどの傷で済むため、動物の術後の回復力が断然違ってきます。
現在は主に腹腔臓器のバイオプシーや空腸チューブ装着時等に使用していますが、順次色々な手術に応用していく予定です。

安心の術前検査を

手術当院では安心して麻酔や手術を受けていただくために、必ず術前検査を行っております。血液検査・レントゲン検査・心電図検査を基本として、年齢に応じた検査内容を追加して行います。術前検査の実施により、麻酔や手術中の急変や、術後の経過不良などを起こすことを事前に察知することができ、より安全な手術が実施出来ます。

清潔で安全な環境作りを

手術室はもちろん、全室を清潔で安全な環境作りのために、消毒・滅菌などの院内感染予防を徹底しています。当院では院内全室をAP水(刺激のほとんどない中性塩素系消毒液)や高圧スチーム消毒、さらに年2回の専門業者による院内完全消毒・殺菌処置を行なっています。

手術手順チャート