月別アーカイブ: 7月 2012

猫の膀胱結石

     膀胱内に大きな円形の結石が確認できる。この猫さんの一般状態があまり良くなく、血液検査結果でBUN(尿素窒素)やCre(クレアチニン)、電解質のKが高いことから、輸液を充分行った上で、膀胱結石の摘出手術を実施する事になった。      4日後に膀胱結石の摘出手術を実施。上の写真は摘出した直径1cm程の2つの結石。この結石は成分分析をして、その結果により、どんな種類の石かそしてその石の予防に適した食事はどんなものが良いかを決定する。   

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

犬の腹腔内陰睾

      陰嚢内に2つあるべき睾丸が1つしかない片睾丸(上の写真)または1つもなく、腹腔内に睾丸が滞留しているものを腹腔内陰睾(腹腔外で皮下にあるものを停留睾丸)と言います。どちらもそのままにしておくと、中年過ぎになって陰睾になっている睾丸が腫瘍化する確立が非常に高くなります。そのためできるだけ早期のうちに去勢手術をしておくべきでしょう。        左の写真は腹腔内の睾丸を摘出しているところ。右の写真は左が正常な陰嚢内の睾丸、右が腹腔内の睾丸で、こちらの方が異常に萎縮しています。そのため睾丸の機能は低下しており、交配には向きません。   

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

レーザーによる耳道壁の腫瘤切除

    15歳の犬で以前、垂直耳道切開をしたことのあるビーグルですが、腫瘤から出血したり、耳道入口が汚れるということで、手術を希望されましたが、高齢な為、麻酔時間を最小限にしなければならず、完全切除にはなりませんが、レーザーによる切除としました。写真左は術前、右は術後。病理組織検査結果は、形質細胞腫という良性の腫瘍でした。但し再発の可能性は多少ありますので、定期的な診察をすることにした。  

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

猫の腎臓のリンパ腫

    7歳の日本猫さんが元気食欲なしということで、来院しました。血液検査で腎臓の検査が中等度の異常、肝臓が重度の異常を示しました。触診でもレントゲンフィルム(上の写真)でも腎臓の腫大とやや凹凸のある形態がわかります。       そこで腎臓と肝臓の超音波検査と腎臓の針生検をしました。超音波検査では腎臓の腫大と皮質および髄質の構造が不明瞭、肝臓のわずかな腫大と胆嚢内の胆泥や胆管壁の肥厚、胆管の蛇行と血液検査結果から胆管肝炎の疑い。腎臓の針生検による細胞診では腎臓にはありえないほどのリンパ球及び幼若リンパ球が存在した(上の写真)結果から、この子の腎臓はリンパ腫というガンであることが分かりました。  

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

骨髄検査が必要な病気

      重度な貧血(赤血球のPCVが15%)を呈した猫さんの血液塗抹標本で、総白血球数が3600(正常値10000位)で、その内好中球は2600と低い数値でした。また血小板も18000(正常値200000)と低値でしたので、骨髄内の赤血球系(赤芽球系)と白血球系(骨髄球系)そして血小板(巨核球系)の3系統を検査するために、骨髄生検による骨髄の細胞診を実施しました。 その結果、赤血球系(赤芽球系)と血小板(巨核球系)の細胞がほとんど見られず、白血球系(骨髄球系)がほぼ正常に近いことがわかりました。つまり赤血球と血小板が骨髄内でほとんど生産されていないということになります。この子の場合、赤血球のより若い段階で壊されていた。また更に血小板も元の巨核球が非常に少ないので、やはり同じことが起きていた。治療はステロイド剤や他の免疫抑制剤をより協力に使っていく事になる。 このように骨髄の検査は赤血球や白血球、血小板などの異常があるときに、骨髄の細胞診をすることで、骨髄内の血球のいわゆる生産工場のどの段階に異常があるかが分かることになります。                  

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。