月別アーカイブ: 6月 2013

フラットコーテッド・レトリーバーの皮膚腫瘤

フラットコーテッド・レトリーバーの大き目の皮膚の腫瘤が足の裏と耳に存在(下の写真の上と中段)。ここ1週間以内で急に増大してきた。通常この手の腫瘤は特にこの犬種では悪性のものが多いが、切除バイオプシーをした結果、どちらも好酸球性浸潤と肉芽組織形成を伴う皮膚炎と言う診断だったため、抜糸後抗生物質とステロイドの治療を開始した。脾臓の3cm大の腫瘤は術前検査で発見したもので、結節性過形成という非腫瘍性病変でしたので、切除するだけで心配ないものだった。               

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

尿道結石による尿閉

高齢のビション・フリーゼが踏ん張って便が出ないようだということで来院。血液検査とX腺検査で、尿道に10個以上の結石が詰っており、これが原因で排便ではなく、排尿ができない状態だった。下のX腺写真でペニスのOS.PENISという骨の溝に走行している尿道部分から手前に十数個の結石が詰っているのが分かる。         通常の処置としては尿道に詰っている結石をペニスの先端からカテーテルを挿入し、水圧をかけて膀胱に戻し、膀胱切開をして結石を摘出する。しかし尿分析をした結果から、シュウ酸カルシウム結石の可能性が高く、結石の表面がゴツゴツしていた為、どうしても膀胱内に戻すことができなかったため、ペニスの根本の尿道を切開し、そこから結石を摘出し、且つ尿道切開術を施して、そこから排尿をさせるようにした。このことにより、万一膀胱結石が再発した場合、同じ場所に閉塞を起こすことを予防できることになる。術後の状態と取り出した結石が下。      

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

野鳥・ムクドリの保護

ムクドリが落鳥しているのを発見した方が保護して、当院に持ち込まれた。両足が麻痺しており、明らかな神経症状があった。排泄物も黒っぽい色をしており、消化管の出血を示唆していた。当院のエキゾチックを専門に診ている大竹先生は鉛中毒の疑いがあるとのことで、X腺検査をしたら、腸管内に数ヶ所、小金属片が写っていた。鉛のキレート剤であるブライアンと言う薬剤を使用して治療に入ったが、その後も治療の反応なく、2日目に亡くなってしまった。鉛中毒は自然の中では通常起こらない病気です。恐らく人間の捨てたものを口にしてしまったのかもしれません。何とも言えない虚しさを感じました。  

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

チェリーアイ(第三眼瞼腺逸脱)の治療

 瞬膜の内側にある線組織の炎症が原因で大きくなると、さくらんぼの様に赤く外側に飛び出してくるものをチェリーアイと呼びます。チェリーアイになった犬は、目を気にして前足でこすったり、まぶしそうに目を細めたり、まばたきの回数が増えたりといったしぐさが見られるようになります。そのほか、流涙(涙を流すこと)や目の充血が認められます。チェリーアイは片方の目だけに起こることもありますが、両方の目に起こることもあります。 通常、生後6ヵ月齢から2歳齢くらいの若い犬に多く認められます。このフレンチブルは2歳です。治療は腫れた部分を瞬膜の内側の深い部分に戻してやる手術になります。これを取り去ったりすると涙の分泌腺でもありますので、ドライアイの原因になってしまいますので、絶対に致しません。下の上段の写真は術前の腫大した瞬膜腺を示し、下段は術後の状態。              

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

エゾジカの骨の胃内異物

6歳のワンちゃんが嘔吐、食欲なしの主訴で来院、幕張メッセのペット博のブースで買ってきたエゾジカの軟骨として売られていたものを購入し、それを与えたという。X線検査にて胃内に骨の一部と思われるものが存在していた(下の写真) かなり先端が鋭角になっている部分があり、内視鏡では摘出する時に食道を傷つけてしまう可能性が高いので、胃切開による摘出手術となった。飼い主の方は店員が軟骨だから安全と言っていたのに、こんな事になるとはと嘆いていましたが、実際に骨類や動物の皮で出来たコブのついたものは大変危険なことが多く、大きいまま飲み込んで腸閉塞を起こしたり、胃腸に傷をつけたり、穿孔して腹膜炎を起こすこともありますので、その動物の食欲が特別大盛なら骨や皮のコブ付きガムは与えないようにするか、与える物が危険でないことを十分確認してから与えるようにしましょう。           

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。