ゴールデンレトリーバーの下顎の悪性神経鞘腫

 中年のゴールデンレトリーバーの頚部が腫れてきたという主訴で来院された。元気や食欲はあり、他の症状は何もなく、血液検査上も大きな異常はなかった。腫瘤の針生検(ニードルバイオプシー)をした結果、非上皮系の悪性腫瘍であることは分かったので、次は飼い主の方とのご相談で切除バイオプシー(腫瘍の外科手術による摘出)を実施することになった。下顎の深部まで腫瘍が入り込んでおり、周囲の浸潤があった為、完全切除にはならなかったが、このことについては飼い主の方のご承諾の上実施した。切除後の病理組織検査は悪性神経鞘腫でしたので、今後の再発は確実にあり得るため、化学療法を選択するか、自然療法やサプリメントでコントロールしていくかの方針をご相談した結果、自然療法をご希望されたため、そちらのあらゆる療法を駆使して治療していくことになった。写真は腫瘤の部位と手術中の経過並びに摘出した腫瘍を示している。

 

 

  

 

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。