NAHA(日本動物病院会)国際セミナー「臨床病理・血液学・細胞診」出席 院長&滝沢

23日~25日の3日間、アメリカ獣医臨床病理学の著名な専門医(Dr.Rose E.Raskin)による臨床病理のセミナーを受けてきました。症例中心のとても内容の豊富なセミナーで、特に血液塗抹標本の細胞診と骨髄の脂肪診には診断に欠かせない情報がとても多く存在していることに又もや気付かされました。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。