月別アーカイブ: 4月 2012

線状異物による腸閉塞と腸重積を伴った犬の手術

        糸状の異物により、腸全体がたぐられて、小腸全体がアコーデオン状になり、小腸壁の広範囲にわたる複数の裂け目ができて、腹膜炎を起こしていた。また異物が影響した腸重積になっていたためその修復手術及び異物摘出、5箇所の小腸の裂傷の手術を実施した。 写真は左から小腸のアコーデオン状の変化と腸重積、そしてその下に取り出した異物(布の塊)とそれと繋がっていた糸状の異物

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

異物の腸閉塞により、腸管部分切除を行なった

異物が小腸に閉塞し、食欲廃絶・嘔吐頻回となって、4~5日経っていた。 異物が長時間閉塞していたことにより、腸管の壊死が起きてしまっていた為、腸管の部分切除手術になった。 写真は閉塞していた腸管と切除した部分、そして摘出した異物(木片が2つ)

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

耳道内の腫瘍の切除

耳道内の壁に腫瘍ができて、次第に大きくなり、耳道の慢性炎症を起こしていたため、切除することになった。 U字型に切開する方法で、ZEpp氏法とも言われる。 この手術は慢性化した外耳炎や中耳炎の治療のため実施される方法ですが、余り大きくない腫瘤の切除にも応用できます。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

猫の下腿骨の斜骨折の整復手術

事故による猫の下腿骨の斜骨折を外固定により修復。 上の写真が術前、下が術後。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

椎間板ヘルニアの鍼治療

当院では10年程前から鍼灸治療をしておりますが、椎間板ヘルニアの症例が最も多く、次が関節炎になるでしょう。 この写真は中年齢のチワワの椎間板ヘルニアで、グレードⅣの後肢の不全麻痺がありました。手術はご希望されなかったので、鍼治療を行うことになりました。 11ヶ所のツボ(穴位)に電針療法を行い、特殊電磁波温熱療法と中草薬の応用で2週間ほどで改善し、3週間で通常のように歩けるようになりました。 写真は針治療中の様子です。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。