月別アーカイブ: 8月 2013

腎不全の治療を受けていた猫、実は・・・

他院にて慢性腎不全の治療を受けていた10歳のネコさんが、次第に食べなくなって状態が悪くなってきたということで、当院に転院された。確かに血液検査をすると慢性腎不全がありましたが、数値としてはそれほど高い数値ではありませんでした。しかし腹部を触診してみるとやや腫大した腎臓と中腹部に直径4~5cmのサイズの塊が触知されたので、レントゲンと超音波検査を実施してみると、小腸壁が重度に肥厚してできた腫瘤であることが分かりました。さらに針生検による小腸の塊状病変の細胞診では非上皮系の悪性腫瘍と思われる大型の細胞が多く見られました。つまり何らかの肉腫ということになります。血液検査では白血球数が少ないのに好中球の左方移動と単球が高値を示していたことから、感染が重度である事が分かり、レントゲン所見からすでに腹膜炎も起こしていたのです。これらのことから予後は不良ということになります。入院して静脈からの輸液および抗生物質2種類投与とさらにその他のできる限りの治療をしましたが、やはり好転せず3日目に亡くなりました。もう少し早い時期に腫瘍が見つかっていれば、寿命ももう少し延ばせたかもしれないと思うと残念でなりません。 下の写真は超音波検査所見(小腸の腫瘤部) 下の写真は腹部X線検査所見          

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

多血症の20歳のネコさん

20歳のネコさんが元気食欲の低下で来院した。この子は以前に交通事故で骨盤骨折の手術をしており、骨盤腔の狭小化による便秘症もあったため、糞塊の除去も実施した。ルーチンの血液検査ではPCVが73%もあり、かなりの血液の過粘稠度症候群になっていた。動物の場合は組織の低酸素症が起こるような慢性呼吸器疾患や先天性心臓病の他、骨髄増殖性疾患や腎臓腫瘍やその他のいくつかの腫瘍に見られます。猫の場合はほとんどがリンパ腫が原因ですが、針生検による細胞診をしたところ、左の腎臓に上皮系腫瘍(癌)ができていたために、造血因子であるエリスロポイエチンが過剰に生産され、その結果、赤血球が生産し続けて多血症になっていたと考えられる。飼い主の方も年齢が年齢なので、積極的な治療は 希望されなかったため、瀉血と輸液を必要なときに定期的に行うだけとした。それでも本人は何とか食事も食べられ、普通の生活ができるようになっている。 下の写真はレントゲンと超音波検査の画像です。            

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

口唇に発症した犬の皮膚型リンパ腫

14歳の雑種犬の下顎の口唇部皮膚と粘膜の境にサイズ2cm弱の腫瘤が最近大きくなってきたということで来院。細胞診でリンパ腫の疑いがあったが、診断を確実にするためと、下顎リンパ節や扁桃の腫大がなく、他の部位の異常がないこと、また慢性の腎不全があることや年齢的に抗癌剤の使用が限られるため、切除バイオプシーをすることになった。 病理組織検査の結果は皮膚型リンパ腫で表皮向性を示すT細胞性の可能性が高いというもの。かなり進行性で抗癌剤が効きにくいタイプということになる。飼い主の方と相談した結果、抜糸後周辺などに転移等が見られるようだったら、その時の状態で抗癌剤を検討したいということでした。下の写真は術前と術後の状態。          

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

若いミニチュアダックスフントの耳の脱毛症(先天性血管症)

1歳のミニチュアダックスフントが4ヶ月前頃から両耳の耳介の脱毛と色素沈着、痂皮形成(かひ・かさぶた)が進行してきた。ミニチュアダックスに多い耳介の脱毛にはパターン脱毛というのがあるが、通常は成犬で発症し、均一な脱毛で痂皮などは形成しない。下の写真のような病変は今まであまり見たことがなかったので、皮膚のバイオプシーによる病理組織検査を実施した。その結果、先天性血管症による循環障害に合致するもので、合併症や鑑別として、カラーダイリューション脱毛症や黒色毛胞形成異常症にも配慮が必要というコメントだった。治療としては血管の強化剤や末梢血管を広げる作用の薬剤、さらに被毛の代謝を促進したり、被毛そのものを強化するようなサプリメントなどで根気良く治療していくことになる。いずれにしても皮膚の病理組織検査の重要性を改めて実感した。      

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。